仰天!安い風俗店

自分の中での信念のようなものですね

風俗は自分の中での信念のようなものが表れるものなのかなって思っています。性欲を満たしたいっていう気持ちは悪いことではないんです。でも、一方では本能そのものでもあるじゃないですか。だから自分でも、やっぱりいろんな気持ちにさせられる部分はありますよね。楽しまなければ勿体ない。そんな気持ちにさせられると共に、自分の中での女の子や性欲に対する優先順位も出るじゃないですか(笑)だから自分の奥底に眠っている気持ちに気付かされることもあるんですよ。例えばですけど、自分は風俗に足を運ぶようになって、ピンサロが好きだなってことに気付いたんです。それは、フェラをされるのが好きってことに気付いたんですよね。ピンサロに行った時、これだなと。そして、以降ピンサロが頭の中をよぎる機会が明らかに増えているんですよね。自分でも驚きとしか言えませんけど、それまでは自覚していなかったことに気付かされたという点では、とっても貴重な時間になったんじゃないかなって思っています。

女の子はたくさんいるんですから

風俗ではあまり一人に固執しないようにしています。良いなって思った女の子がいたとしても、あまり固執せず、毎回違うこと楽しむようにしているんですよね。その方が気軽なのもありますけど、男の本能を満たせるじゃないですか。それに、風俗嬢はたくさんいるんです。それこそ数えきれないくらいいるので、一人の子だけに固執する理由もないんじゃないかなって思うんですよね。いろいろな女の子がいるので、その中から自分が楽しめるだろうって思う女の子を指名して遊ぶ。それで十分なんじゃないですかね。あまりにも固執しすぎると、前のめりになりすぎて負い気に入りの風俗嬢がいなくなってしまった時のダメージも大きいと思いますよ(苦笑)自分も昔、かなり入れ込んだ風俗嬢がいたんですけど、その子が辞めてしまったんです。その時はさすがにショックでしたよね。だからリスクヘッジって意味も含めて、風俗はいろんな女の子と遊ぶくらいが丁度良いですよ。